借金を返しすぎている?!過払い金問題

借金を返しすぎている?!過払い金問題

「債務の返済をし過ぎている」といわれたら、信じられますか?最近、この「過払い金」が問題になっています。過払い金とは、返済しすぎたお金や利息のことです。融資を受ける際には、利息制限法という法律が関わってきます。10万円未満の融資なら法定金利は20.0%、10万円以上100万円で18.0%、100万円以上は15.0%です。本来なら、これ以上の金利を課すことはできません。しかし多くの金融業者がこの法定金利を超えて出資法の上限金利である29.2%以内の利息を請求していました。いわゆる「グレーゾーン金利」です。裁判などにより、現在は本来の法定金利を上回る利息分は返還しなくてはなりません。中には100万円以上も過払い金が戻ってきたケースもあります。もし長期にわたって返済を続けてきた人は、自分も過払い金があるのではないかと考えるでしょう。ネット上には、借入金額や期間から過払い金の有無と金額を計算できるシステムがあります。この機会に、今までの返済状況や借入について見直してはいかがでしょうか。もし過払い金があるなら、司法書士事務所などに相談しましょう。完済済みの過払い金返還請求をしても、信用情報には響かないので安心してください。過払い金返還は10年で時効が成立します。請求権が消滅したり、消費者金融の倒産によって戻って来なくなる恐れがあります。